フラミンゴレギンス今なら最大8,756円引き! 今すぐ確認

セルライト潰したらダメって本当?あざが出来ない正しい除去方法も紹介

ダイエットをしている方であれば、セルライトを潰したい!と考えたことが一度はあるのではないでしょうか?

ボコボコとした見た目のセルライトは、女子の天敵ですよね。

しかし、セルライトは自身で潰したらダメ!!

間違った方法でセルライトを潰してしまうと、あざになってしまうことがあるんです。

痩せたくてセルライトを除去した結果、逆にあざになってしまうのは本末転倒ですよね。

今回はなぜセルライトを潰したらダメなのか、またあざにならないセルライトの除去方法をお伝えします!

目次

セルライト潰したらダメって本当?

セルライトを潰したらダメというのは本当です。

正しくは、セルライトそのものを潰してはいけないのではなく、間違ったセルライトの潰し方をしてしまうのがNGなんです。

セルライトを潰そうと素人が強くマッサージをすると、皮膚の下にある毛細血管やリンパ、皮膚細胞などを傷つけてしまうことがあります。

これがあざになってしまったり、逆にセルライトが増えてしまったりする原因になってしまいます。

セルライトを潰すつもりが、逆にあざになったり、さらにセルライトが増えてしまってはまさに本末転倒ですよね。

セルライトは自分自身で除去せず、プロに頼るが鉄則!と、覚えておきましょう。

お金や時間が無くプロに頼れない!という方に向けて、自身で出来る正しいセルライトの除去方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

セルライトを潰すメリット

ダイエットをしていると、セルライトという単語をよく目にします。

セルライトとは、溜まった脂肪細胞と代謝が悪くなり、排出されなかった老廃物が一緒に固まってしまったもののことで、 お尻、太もも、腰、二の腕、お腹周りなど、脂肪がつきやすい部分にできやすい傾向があります。

セルライトを潰すと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

セルライトを潰すと得られるメリットは次の通りです。

  • 見た目がキレイになる
  • 血液の循環が良くなる
  • 肩こり・腰痛の改善になる
  • むくみ・冷えの解消になる

それでは、メリットについて詳しくみていきましょう。

見た目がキレイになる

セルライトを除去すると、肌のボコボコとした部分が無くなるので見た目がキレイになります。

セルライトのせいで、腕や太ももを人に見られたくない!という女性も多いのではないでしょうか?

セルライトを除去すれば、見た目を気にせずノースリーブやショーパンを履くことができますよ。

血液の循環が良くなる

セルライトは血管を圧迫しているので、セルライトを除去すると血液の循環が良くなることがあります。

血液の循環が良くなると、身体の隅々まで栄養や酸素が行き渡るようになるので、免疫力アップ効果も期待できます。

血液の循環を良くすることで基礎代謝があがり、瘦せやすい体質にもなるので、見逃せないメリットですね。

肩こり・腰痛の改善になる

セルライトを潰すことで、肩こり・腰痛の改善効果が期待できます。

二の腕や肩まわり、腰部分にセルライトがあると、血行不良の原因になり肩こり・腰痛を引き起こします。

肩こり・腰痛とセルライトが関係しているとは驚きですね。

むくみ・冷えの解消になる

セルライトを除去すると、むくみ・冷えの解消にも繋がります

実はセルライトは、むくみの原因でもあるのです。

むくみや冷えに悩む方は多いと思いますので、嬉しいメリットですね。

セルライトを潰すデメリット

美容の天敵であるセルライトを、なぜ潰したらダメなのでしょうか?

セルライトを潰すデメリットをまとめてみました。

  • セルライトが増えてしまう
  • あざになってしまう

それでは、デメリットを詳しくみていきましょう。

セルライトが増えてしまう

素人がセルライトを潰そうと強くマッサージをすると、逆にセルライトが増えてしまうことがあります。

セルライトを潰そうと皮膚を強く揉んだりつねったりすることで、皮膚下の毛細血管や細胞を傷つけてしまいます。

結果、身体の中のコラーゲン細胞が傷ついた毛細血管や細胞を修復しようと働き、今まで以上に大きな脂肪細胞を生み出してしまうのです。

あざになってしまう

素人がセルライトを潰そうと強くマッサージをすると、あざになってしまうことがあります。

セルライトを潰そうと皮膚を強く揉んだりつねったりすることで、皮膚の下にある毛細血管や細胞を傷つけてしまい、あざになってしまうんです。

数日で消えるあざもありますが、場合によってはあざが残ってしまうこともあるので要注意です。

セルライトあざが出来ない正しい除去方法

セルライトを自身で潰すとあざが残ったり、セルライトが逆に増えてしまうとお伝えしましたが、セルライトの正しい除去はどうすればよいのでしょうか?

あざが出来ないセルライトの正しい除去方法をご紹介します。

  • セルライト専門のエステに通う
  • ダイエットで自然除去する
  • オイルマッサージを行う

それでは、セルライトの正しい除去方法を詳しくみていきましょう。

セルライト専門のエステに通う

セルライトの除去はプロにお任せしてしまうのが安心です。

セルライト専門のエステであれば、肌を傷つけずセルライトを除去する方法を熟知しています。

店舗によっては専用マシンを使用してセルライト溶かしてくれたり、身体の内側から温め新陳代謝をアップさせてくれたりするので、比較的安全にセルライトを潰すことができます。

お金と時間はかかってしまいますが、安全に確実にセルライトを潰すにはエステに通うのがおすすめの方法です。

ダイエットで自然除去する

セルライトは固まってしまった脂肪なので、ある程度はダイエットで自然除去することが可能です。

軽い運動や食事制限など、ダイエットをすることで脂肪が減り、見た目もほっそりします。

また、食事制限をすることで新たな脂肪細胞を作るのを防ぐことになるので、セルライトを増やさないことに繋がります。

オイルマッサージを行う

自分自身でセルライトを除去する方法でおすすめなのが、オイルマッサージです。

オイルを使うことで、皮膚への摩擦によるダメージを抑えることができます。

また、オイルマッサージを行う際は、セルライトを潰そうと強く揉んだりせず、リンパを流し代謝をあげることを意識するといいですよ。

まとめ

今回はセルライトを潰したらダメな理由と、正しいセルライト除去方法についてご紹介しました。

良かれ思って強くセルライトを潰していた行動が、逆にセルライトを増やしてしまうとは驚きですよね。

あざの原因にもなるため、セルライトを自分で強くマッサージする除去方法を試すのはやめましょう。

セルライト専門のエステなどプロに頼ると、あざになることなく安全にセルライトを除去できるのでおすすめです。

時間やお金が無くプロに頼れない方は、優しくオイルマッサージしたり、ダイエットをすると良いと思います。

セルライトは自分で潰したらダメ!鉄則ですよ。

目次
閉じる