話題のシカクリームってどうなの?合わない人もいるので副作用などはしっかりチェック!

話題のシカクリームってどうなの?合わない人もいるので副作用などはしっかりチェック!

韓国発の肌再生クリーム「シカクリーム」をご存じでしょうか?

シカクリームは肌荒れやニキビ跡に効果があると言われており、マスク生活で肌が荒れてしまった方にも良いと最近話題になっています。

本当に効果があるのか、日本人の肌でも合うのか気になるところですよね。

効果があった!という良い口コミもありますが、中には「効果なし」「肌に合わない」「副作用があった」という悪い口コミもあるようです。

キレイになるために購入したのに、効果なし・肌に合わない・副作用が出てしまったでは本末転倒ですよね。

そこで、今回はシカクリームの効果と副作用を調査してみました!

目次

シカクリームは効果なしって本当?

シカクリームの口コミを調べてみると、効果がなかったという口コミが複数見受けられました。

韓国発のクリームなので、日本人の肌には合わないのでしょうか?

調べたところ、シカクリームは肌質や使い方によって、効果なし・逆に肌トラブルを起こしてしまう可能性があることがわかりました。

肌質や使い方によるので、必ずしも効果がないわけではないようです。

シカクリームで期待できる効果

シカクリームで期待できる効果は、どのようなものなのかご紹介します。

効果は次の通りです。

  • メラニンを排出しシミやくすみを防ぐ
  • ニキビケアや予防
  • 赤くなった肌の炎症抑制効果
  • ターンオーバーを正常化

それでは、シカクリームの効果を詳しくみていきましょう。

メラニンを排出しシミやくすみを防ぐ

シカクリームは、メラニンを排出しシミやくすみを防ぐ働きがあります。

蓄積されたメラニンを排出するだけでなく、メラニンの働きも抑えてくれるので、シミを消す効果も期待できるでしょう。

ニキビケアや予防

シカクリームの”シカ”は動物の鹿や歯医者さんの歯科が由来ではなく、皮膚保護のために手術跡やニキビ跡などに貼る保護テープの『CICA CARE』が名前の由来です。

有効成分であるツボクサエキスには皮膚補修効果があり、シカクリームはニキビケアやニキビの予防効果に期待できるでしょう。

赤くなった肌の炎症抑制効果

シカクリームには、抗炎症・抗酸化・鎮静の効果が期待できます。

グリチルレチン酸ステアリルという成分が配合されていることにより、赤くなった肌に塗ると早くダメージを抑えることができるようです。

グリチルレチン酸ステアリルは、皮膚の炎症抑制やニキビ予防で、自然派化粧品にはよく入っている成分です。

ターンオーバーを正常化

肌のターンオーバーが乱れると、肌荒れやシワ・くすみが目立つ等、肌トラブルの原因になります。

シカクリームは肌の水分保持力を高め、肌のターンオーバーを正常化してくれる効果があるので、肌本来の健康を取り戻し、つるんとした肌を目指せるでしょう。

シカクリームの知っておきたい副作用

口コミなどで見られたシカクリームの副作用はこちらです。

  • 肌の乾燥
  • ニキビが増える・悪化する
  • 肌が赤くなる・かゆくなる

シカクリームには保湿効果があり、塗った直後は潤いを感じるようですが、時間が経つとかえって肌の乾燥を感じるという方が多いようでした。

シカクリームのシカには、乾燥を招く副作用があるようです。

シカクリームを塗った後は、いつもより丁寧に保湿することをおすすめします。

また、ニキビに効果があるシカクリームですが、逆にニキビが増えてしまった・悪化したという声もありました。

シカクリームに配合されているシアバターやグリセリンなどの油分で肌を覆うことで、ニキビの原因となるアクネ菌が発生しやすくなる場合もあるようです。

体質にもよるので、シカクリームを使用してニキビが増えた・悪化した方は残念ながらシカクリームが合わない肌なのかもしれませんね。

体質や体調により、シカクリームで肌が赤くなった・かゆくなったという口コミもありました。

配合されたアルコールに反応して、肌が赤くなってしまうこともあるようです。

シカクリームを使用する際は、自身の肌や体質に合うのか少量で試してから使うと良いでしょう。

シカクリームが合わない人の特徴

シカクリームが合わない人の特徴をまとめてみました。

  • 乾燥肌の人
  • 刺激に弱い肌の人
  • 肌トラブルがない人

シカクリームは塗って時間が経つと、より乾燥してしまうデメリットがあります。

そのため、乾燥肌の方がシカクリームを使用してしまうと、より肌が乾燥してしまい肌トラブルを引き起こす原因になる可能性があります。

乾燥肌が悩みの方は、シカクリームの使用は控えたほうがいいかもしれませんね。

また、刺激に弱い肌の人がシカクリームを使うと、シカクリームの炎症抑制効果が逆に刺激になってしまい、肌に赤みや痒みを与える可能性があります。

普段は肌が強い人でも、体調によって肌に赤みが出てしまうことが考えられるので、寝不足や風邪気味など体調不良の際はシカクリームの使用を見合わせるのが無難です。

シカクリームは乾燥しやすい・肌に赤みが出てしまうといったデメリットがあるため、肌トラブルがない人がシカクリームを使用すると、デメリットの部分をより感じてしまうようです。

シミ・くすみ・ニキビなどの肌トラブルを感じていない場合は、シカクリームではなく別の保湿クリームを使うのをおすすめします。

シカクリームをおすすめする人

シカクリームをおすすめする人はこのような方です。

  • シミ・くすみに悩む人
  • ニキビを何とかしたい人
  • 肌の赤みを抑えたい人
  • オイリー肌が悩みの人

シカクリームの成分であるツボクサにはメラニンの働きを抑制し、シミ・くすみを抑える効果があります

紫外線が原因でシミが出来てしまったという悩みをお持ちの方に、ぴったりのクリームですね。

また、ツボクサの抗炎症作用で肌を鎮静化し、ニキビや吹き出物を抑えてくれるので、ニキビを何とかしたい人にもおすすめです。

ツボクサの抗炎症作用は、肌の赤みを抑えてくれる効果もあるので、肌の赤みで悩んでいる方にも良いでしょう。

シカクリームは保湿力があまりなく、塗って時間が経つと乾燥してしまうデメリットがあります。

そのため乾燥肌の方にはおすすめできませんが、逆にオイリー肌で悩んでいる方にはちょうど良いのではないでしょうか?

シカクリームを使ったTwitterの声

シカクリームを実際に使用した方の声を集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

シカクリームを実際に使ってみて、効果を実感できた方や、全く効果が出なかった方など様々見受けられました。

残念ながらシカクリームの効果は、体質や肌の調子によって違うことがわかりますね。

シカクリームは様々なメーカーから出ており、最近は日本製も登場しているので、不安な方は日本製を選ぶと良いですね。

まとめ

シカクリームの効果や口コミを調べてみると、肌や体質によっては合わない場合や効果なしと感じることがあるとわかりました。

シカクリームは副作用として、乾燥したり、ニキビが増えてしまったり、肌が赤くなってしまったりするので、刺激に弱い肌の方は慎重に使用しましょう。

以上、シカクリームは効果なし?副作用や合わない人の特徴がヤバい!でした。

目次
閉じる