オルビスクリアローションの成分チェック!こだわり成分を徹底解説!

オルビスクリアローションの成分チェック!こだわり成分を徹底解説!

繰り返す大人ニキビ対策や肌荒れ予防ができると人気なオルビスクリアローション。

オルビスクリアローションは、肌にやさしい和漢植物由来成分を中心に配合されています。

「和漢植物由来成分って何?」「本当にニキビや肌荒れを防げるの?」と思う方もいますよね。

今回はオルビスクリアローションの成分について徹底解説しますので、ぜひ参考にしてください!。

目次

オルビスのクリアローションの成分

オルビスクリアローションの全成分はこのようになっています。

オルビスクリアローション(さっぱりタイプ)

【有効成分】グリチルリチン酸2K
【その他の成分】水、エタノール、グリセリン、BG、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、ローズマリーエキス、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液

オルビスクリアローション(しっとりタイプ)

【有効成分】グリチルリチン酸2K
【その他の成分】水、エタノール、BG、グリセリン、ソルビット液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、ローズマリーエキス、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

オルビスクリアローションにはさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類があり、それぞれの全成分と見ると少し違いはありますが、有効成分は同じようですね。

オルビスクリアローションの特徴的な成分をそれぞれ見ていきましょう。

和漢素材:グリチルリチン酸ジカリウム

オルビスクリアローションにはニキビ有効成分として、「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草由来の抗炎症作用のある医薬部外品の有効成分。

ニキビや肌荒れ予防・ニキビの赤みを抑える効果が期待できるんですよ。

また刺激性が低く、肌を健やかに保ってくれますよ。

和漢素材:紫根エキス

紫根エキスとは、ムラサキという多年草植物の根のことになります。

紫根中のシコニンという色素が肌荒れを抑える効果を発揮してくれます。

ニキビの原因でもあるアクネ菌にアプローチし、ニキビケアに最適なエキスなんですよ。

また肌のバリア機能をサポートし、肌のコンディションを整えてくれますよ。

保湿成分:ハトムギエキス

ハトムギエキスとは、イネ科植物のハトムギから精製抽出したエキスです。

ハトムギエキスにはさまざまなアミノ酸が含まれており、アミノ酸は肌にとって重要な成分なのと同時に、美肌のためにも重要な成分なんですよ。

肌の水分を保持しうるおいバリアをつくり、乾燥などの外的刺激から肌を守りキメを整えてくれる効果が期待できますよ。

保湿成分:浸透型コラーゲン

浸透型コラーゲンは高保湿成分のことです。

分子量が小さいので、肌の角層までしっかり成分が浸透し、濃密なうるおいとハリにアプローチしてくれますよ。

オルビスクリアローションの成分まとめ

オルビスクリアローションの成分を解説しましたが、ニキビケアに必要な4つの成分が配合されていることがわかりました。

ニキビや肌荒れを防ぎつつ、肌のうるおいバリアをつくる・肌のバリア機能を保つ効果が期待できるので、肌の根本からニキビケアをすることが可能ですよ。

ニキビや肌荒れに悩んでいて、オルビスクリアローションをまだ使ったことがない方にぜひ一度使ってみてほしいアイテムです。

以上、「オルビスクリアローションの成分チェック!こだわり成分を徹底解説!」でした。

目次
閉じる